機械系エンジニアの備忘録

20代独身社会人。仕事では機械・機構の研究開発を行っているエンジニアが、自分の専門分野ではないpythonを扱って楽しむブログです。

MENU

【Part1】python3-tkinterの使い方:tkinterの基本を確認しよう

python3-tkinterの使い方

1.tkinterとは

tkinterとは簡単にデスクトップアプリなどを作れる便利な機能.

例えば,カレンダー,To Do リスト,家計簿など様々なアプリを作れる.

簡単にGUIを作れるから取り合えず挑戦.

2.tkinterの基本形

<基本形:これだけは覚えとく>

import tkinter as tk #tkinterの読み込み

#ウインド(win)を作成

win=tk.Tk()

win.title("Hello world")

win.geometry("500x300") #ウインドの大きさを200×300に設定

#ウインドを動かす

win.mainloop()

これを実行すると以下のようなタイトルがHello worldのウインドが出現.

f:id:stjun:20190512001801j:plain

 

<説明>

import tkinter as tk

意味:tkinterというライブラリを使いたいから読み込みます,ただtkinterは長いからそれ以降はtkって書きます.

 

#ウインド(win)を作成

win=tk.Tk() 

意味:とりあえず書いとく.たぶんTkというツールをtkinterを通して利用するって意味かな?

 

win.title("Hello world")

意味:ウインドウのタイトルはHello worldにします。

 

win.geometry("200x300") #ウインドの大きさを500×300に設定

意味:ウインドウの大きさは500×300にします。

※注意:500と300の間は×(カケル)ではなくx(エックス).

 

#ウインドを動かす

win.mainloop()

意味:ウインドを画面に表示します。

注意:絶対必要なためおまじないと思って書いておく,この文がないとウインドが画面に表示されない.

 

3.まとめと次回

今回はtkinterと基本形を確認、次回はウインドに入力項やボタンを作成する。